岐阜県正眼寺 茶室柱
施工前 施工後 11年経過後/2004年5月
施工前
施工後
11年経過後(2004.5月撮影)
解体しないで修復しました
腐朽木質強化
ステンレス丸棒埋込み
エポキシ系人口木材充填
木目加工 彩色
直射日光が当らない場所なので
修復時の木質の風合いを
維持しています
 

 
 
旧松代藩真田家土蔵 梁内部の強化
解体しないで強化できます
ファイバースコープによる内部の腐食状況調査
梁内部へのエポキシ樹脂注入表面の風合いを損ねることなく内部の補強を完了しています
ファイバースコープによる内部の腐食状況調査
梁内部へのエポキシ樹脂注入
表面の風合いを損ねることなく内部の補強を完了しています
ファイバースコープで見た内部の腐食状況
木目加工 彩小口の腐食状況
ファイバースコープで見た内部の腐食状況
木目加工 彩小口の腐食状況
 


Topページへ